子連れ嵐山旅行。休憩するならカフェDOPPOがおすすめ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
DOPPO

先日、家族で嵐山にいってきた。思えば、子どもが生まれてから遠出をするのは初めて。

子ども連れだと旅行の疲労は2倍増しなので、休憩を取りながらゆっくりみてまわるのがいい。ただここは嵐山。喫茶はどこも混雑しているし、座席もそれほど広くないのでベビーカーを押しては入りづらい。

どこかいいところないかな、と、ちょっと脇道にそれたところで、素敵なカフェをみつけた。

 

スポンサーリンク
レクタングル(大)の広告

Cafe + Boulangerie DOPPO

ベビーカーでも入店できる広さで、観光地でありながら価格もお手頃。店内も落ち着いていて、歩き疲れた体を癒すのに最高な環境だった。

店内は2〜4人掛けのテーブルが6卓と8人掛けの大きなテーブルが一つ。大きなテーブルの席が空いていたので、ベビーカーはたたまずに、僕と奥さんの間にいれさせてもらった。

DOPPO

ランチセットは破格の1,000円を切るお値段。選べるパスタに、前菜、パン、コーヒー。さらにデザートもついてこのお値段はかなりお得だと思う。自家製パンも販売していて、イートインができる。

ご飯は食べていたので、注文したのは、ロールケーキセットとハートランドビール。14時からはケーキセットも提供される。どれも美味しそうで、食べたかったけど提供時間前で残念。

DOPPO

地域の誰もが、まちで暮らし、働くことをサポートするお店

帰宅して調べたんですが、DOPPOは「福祉」の機能も担っていたんです。運営母体の団体は、障がい者の自立を支援する作業所の運営から始まり、就労移行支援や就労継続をサポおとする事業を行っていました。(※就労移行支援とは、働くために必要な能力を身につける職業訓練や実習、就職活動、その後の定着をサポートすること。詳細はこちらが詳しい。)

DOPPOでも、パン製造補助やホール・キッチン補助を担っているようでした。

外観や内観、サービスや提供される料理からも、イメージされるようないわゆる「作業所」には見えないので、一般のお客さんは全く気づかないでしょう。まちの中に、気づかれずとも自然な形で存在するというのは、とても素敵だなと思いました。

 

子連れでゆっくりできる場所はなかなか無いので、ベビーカーで嵐山に行く際は、立ち寄ってみてほしい。

Cafe + Boulangerie DOPPO
住所:京都府京都市右京区造路町8
営業時間:9:30~18:00(日・月休み)
URL:http://timeworksupportc.ocnk.net/page/2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)の広告
レクタングル(大)の広告